秋の肌のお手入れ・ケア方法は…ダメージ補修がカギになる!

夏が終わって秋になると、肌のお手入れを変える必要が出てきます。夏に受けたダメージを、ここでケアしていかなければならないからです。では、どんなことをしたらいいのでしょうか?




秋は夏のダメージのケアから始めよう!

秋になって涼しくなっても、肌には夏の時期にたっぷりと浴びてしまった紫外線や、オフィス・電車内などで受けた冷房によるダメージが残ってしまっています。何もしないままでいると、近い将来シミだらけになってしまうことだってあります。ずっときれいなままでいたいのなら、ケアをしっかりと行っておきましょう!

その時に大事になってくるのが、保湿です。夏に強い紫外線や冷房にさらされると、皮膚の表面から水分がどんどんと抜けていってしまい、皮膚の細胞がボロボロになってしまいます。ですから夏が終わったらまず水分を入れてあげることが重要なんです。

日頃からできるお手入れとしては、洗顔の際にまずクレンジングでしっかりと汚れや皮脂を落とし、洗顔し終わったら化粧水→乳液・保湿クリームなどで水分を補給しましょう。当たり前のケアかも知れませんが、これが非常に大事なんですよ。

また、さらに上を行くダメージケアとしては、シアバターを洗顔後に塗るというのがおすすめです。このシアバターは保湿力が高く皮膚になじみやすい性質を持っているため、通常の乳液やクリームよりもさらに水分を逃がしにくくなっているんです。ワンランク上のお手入れをしたい方はぜひ使ってみてくださいね。




乾燥してくる時期の肌のお手入れ法も伝授!

さて、秋になるともう一つ闘わなくてはならない相手が出てきます。それは、空気の乾燥です。

寒くなってくると空気自体が湿度を失い、何もしていなくても皮膚から水分が奪われていってしまいます。この時期に乾燥肌になってしまったりくすみが出てきてしまったりというケースも少なくはないようです。

そこで重要になってくるのがこれまた保湿なのですが、ここで気を付けてほしいのは、あまり刺激の強いクレンジング剤や化粧水を使わないようにすること。秋の肌は夏のダメージに加えて乾燥にも脅かされるため、とってもデリケートになっているんです。ですからなるべく刺激が少ないケア商品を選んでおきましょう。

さらにプラスのお手入れとして、寝る前などに美容マスクをするというのもおすすめです。これをつけるだけで水分が皮膚の深層まで浸透し、ダメージを補修してくれます。

「絶対肌のトラブルを起こしたくない!」という方は、この秋に十分なお手入れを行っておきましょう!




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ!

PAGE TOP