有村昆の自宅が狭いのは収集癖のせい。嫌いという視聴者からの声があるのは過剰な愛情表現のため?!

マレーシア生まれで、現在ラジオパーソナリティや映画評論家などとして活躍している有村昆さん。
彼の自宅が狭いことや「嫌い」という声が上がっていることが話題になっていますが、いったいどういうことなのでしょうか?




有村昆の自宅が狭いのは収集癖のせい!

有村昆さんの自宅が狭いと言われていますが、その理由はいったいなんなのでしょうか?
「もしかして、狭い部屋に住んでいるんじゃ……」というのは誤解です。
そもそも有村昆さんには丸岡いずみさんというキャスターの奥さんがいらっしゃいますから、そんなに狭いところで住むわけにはいきません(笑)。

彼の部屋がそうなってしまっているのは、趣味である映画グッズ収集がすごいからなんです。
有村昆さんは映画評論家ということでかなりの映画を見てきている方です。
特に好きなのは『スターウォーズ』や『バックトゥーザフューチャー』などで、これらのグッズが所狭しと並べられているんです。

具体的にどんなものがあるかというと、DVDの棚、フィギュア、映画に登場する武器のおもちゃ、キャラクターの等身大のモデル……など、様々なものがあるそう。
実際に彼の自宅の写真を見てみると、それらのせいで椅子やテーブルなどの家具を置いただけでもう部屋がぎゅっと狭くなってしまっています(笑)。

さらに、過去にはなんと『バックトゥーザフューチャー』に出てくる車・デロリアンも自宅においていたそうです!
が、資金難のために泣く泣く売却してしまったんだそう。

ここまでくるともう、大変ですね(笑)。
奥様の丸岡いずみさんも怒っていそうな感じです(笑)。




有村昆が嫌いと言われているのはなぜ?

様々なジャンルで活躍している有村昆さんですが、一方で、視聴者からは「嫌い」という声が多数あがっていることもわかりました。
その理由は、どうやら嫁の丸岡いずみさんへの過剰な愛情表現のようです。

たとえばどんなことをしているのかというと、付き合ってもいない頃からペアルックを強要(?)したり(これに折れる形で丸岡さんは付き合うことになったんだそう)、ビデオでひたすらに撮影しまくったり(段ボール1箱分のテープがあるとか)、自分で作った曲をプレゼントするなどをしたんだとか。
これらの過剰なアピールに視聴者はドン引きして、「嫌い」という声が出てくるようになったようですね。

しかし、実は有村さんだけではなく丸岡さんにも嫌いという声が出ていて、その理由は「これらのエピソードを話すことでテレビ出演を獲得しようと必死になっているのでは?」と思われているからなんだそう。
芸能界の夫婦は、大変ですね。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ!

PAGE TOP