バレンタインデーの正しい英語のスペルを学習しておこう

多くの女性が待ち遠しく思っているバレンタインデー。手紙を書く時に「バレンタイン」や「バレンタインデー」とカタカナで書くよりも英語で書いた方が見た目がかっこいいですよね?正しい英語のスペルを身につけて手紙に書いてみてはどうでしょうか?




バレンタインデーの英語のスペルぐらいは覚えておこう

まずバレンタインのスペルは「Valentine」。となればバレンタインデーのスペルは「Valentine day」と誰もが思いがちですが正しくは違います。

バレンタインデーの正式なスペルは「St. Valentine’s Day」なのです。ちなみにStはSaintの略。Saint?どういった意味なのだろうか?

Saintの意味は聖人,聖徒,聖者といった意味です。これらの言葉を聞くとなんとなくクリスマスの方がイメージが強いですよね。なぜバレンタインデーにSaintがつくのだろうか。多くの人が気になるかと思いますが、これは由来が関係していました。




バレンタインデーの由来とは

西暦3世紀のローマにバレンタインというキリスト教の聖人がいました。当時、戦争して領土拡大を考えていた皇帝クラウディウス二世は若者達が戦争に中々出たがらないということに対し深刻に悩んでいました。その原因は家族や愛する者がいる為。当然と言えば当然でしょう。

これらの事態を打破する為に結婚を禁止してしまいました。しかし、バレンタインはあまりにも兵士が可哀想だと思い、内緒で結婚させてしまったのです。よかれと思ってやったことですが、結婚禁止となっているのにその手助けをすることは重罪。結局バレてしまい処刑されてしまいました。

その日が2月14日ということでバレンタインデーと呼ばれるようになったわけです。この由来からわかるとおり、Valentineの前に付くSaintは処刑されてしまったバレンタインがキリスト教の聖人だったから。その為、正式名所はSt. Valentine’s Dayとなるわけです。

今までバレンタインデーは恋する華やかなイメージを持っている人が大勢いたかと思われます。しかし、裏ではこのような悲惨な由来もある為、なんとも複雑。一つ言えることはキリスト教の聖人だったバレンタインは素敵な人物だということですね。バレたら大変な目に合うとわかっていながらも兵士の為に結婚をさせてあげた。まさに、命がけで他人の幸せを応援してあげたということです。

今現在、日本では普通に結婚できるし、バレンタインデーにはあちこちでカップルが幸せな時間を過ごしていますよね。これが当たり前になっているわけですが、その当たり前を幸せと感じなければいけませんね。

2016年のバレンタインデーは好きな人といつも以上に幸せな時間を過ごしてほしいと願います。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ!

  1. 新生児服
  2. 5520d8e9118d7c2c980737c097dcf0d0_s
  3. xyz1g5kmzrk4zya
  4. スクリーンショット 2016-03-28 18.25.32
  5. 59abac023a069e5cd55a977efa3d3dbe
  6. 7c5eb39cd6d98edb272321a380b1877d-e1443418926206
  7. スクリーンショット 2016-03-07 16.09.57
  8. -shared-img-thumb-JUN160103117681_TP_V
  9. -shared-img-thumb-CRI_IMG_6001_TP_V
  10. -shared-img-thumb-150711419006_TP_V
PAGE TOP