劇場版SPEC~結(クローズ)~漸(ゼン)ノ篇のあらすじ・感想を紹介!

2010年に放送された大人気ドラマ・『SPEC』。ドラマ終了後に何度も映画化されるくらいの大ヒット作でしたが、なんと2015年の9月23日に、劇場版SPEC~結(クローズ)~漸(ゼン)ノ篇が地上波で放送されることが発表されたんです!テレビ放送をもっと楽しめるように、今のうちにあらすじや感想を見ておきましょう!




劇場版SPEC~結(クローズ)~漸(ゼン)ノ篇のあらすじ

劇場版SPEC~結(クローズ)~漸(ゼン)ノ篇は、続いて放送される爻(コウ)ノ篇への導入となるストーリーになっています。

あらすじとしては、入院していた加瀬亮さん演じる瀬文を、戸田恵梨香さん演じる当麻が訪ねることから始まります。瀬文はクローンとの闘いで重傷を負い入院していましたが、当麻から青池里子とSPECホルダーであり特殊能力を持つ娘の潤が病院を抜け行方不明になったことを聴き、無理矢理退院して調査を開始します。

一方、国際会議上ではSPECホルダーを殲滅させる作戦・シンプルプランの会議が行われていましたが、ある人物がその中止を唱え、反対したものをSPECで消滅させてしまいます。ここからSPECホルダーと人類との闘いがゆっくりと始まっていくのです。

……いかがでしょうか? ドラマや映画を観たことがないという方も観たくなってくるような、わくわくするあらすじですよね? 実際SPECシリーズは本当に大人気ですから、誰にでも受け入れられるような作品になっています。

観たことがないという方は、このシルバーウィークのチャンスを逃さないようにしましょう!




映画の感想

では、実際に劇場版SPEC~結(クローズ)~漸(ゼン)ノ篇を観た人たちはどのような感想を持ったのでしょうか?
この作品に寄せられた中で多く寄せられた感想は、「まず設定が難解すぎる」というものでした……。

そもそもSPECという作品は、主人公当麻の家族が事故で亡くなり、後にそれが殺人によるものだとわかり、誰が犯人なのかを突き止めていくという物語です。

当初のドラマ版の方はこのストーリーにのっとっていたため現実的な要素が多かったのですが、劇場版SPEC~結(クローズ)~漸(ゼン)ノ篇の場合はSPECホルダーやシンプルプランなど現実世界を超えたものがたくさん出てくるので、視聴者やドラマのファンから「ついていけない」という感想が多く寄せられてしまったようです。

しかしそれでも、劇場版SPEC~結(クローズ)~漸(ゼン)ノ篇にも持ち前の「サスペンス的なおもしろさ」があります。設定が難しいとはいえ、それがあるからこそ楽しめたと語っている感想も多くあるのです。またこの作品には続きである爻(コウ)ノ篇がありますから、それと併せて観ればその難解な部分も解けてくるでしょう。

作品としては、かなりおもしろく仕上がっていると筆者も思いますよ!気になったみなさんは、ぜひ観てみてくださいね!




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ!

PAGE TOP