伊原剛志、韓国人であると告白。結婚相手と子供は日本人らしい

俳優の伊原剛志さんが在日韓国人であることを告白しました。
現在の結婚相手や子供ついても語っていますが、彼はいったいどんな人物なのでしょうか?




伊原剛志は在日韓国人!テレビで告白していた

伊原剛志さんは、在日韓国人三世であることを2001年の「徹子の部屋」で告白しています。
三世ということで、正確にはどうやらおじいさんが韓国人だったようですね。
番組内では韓国の人である祖父との思い出を話し、話題になっていたようです。

実は伊原さんだけではなく、芸能界には様々な在日韓国人の方がいらっしゃいます。
たとえば水原希子さん、玉山鉄二さん、松田優作さん、阪神タイガースの金本知憲さん、長州力さんなどが在日や在日の方の第何世という人です。

どうやら影では芸能界と在日韓国人の方の間に強い繋がりやシステムがあるようで、だから芸能人の方には在日の方が多いのではないかと思われます。

しかし、言われなきゃ気づかないですし、普通に日本人国籍をお持ちの方が多いですから、わからないですよね。
国籍なんて関係ないです!




伊原剛志は2度結婚している!子供もいる!

次は、伊原剛志さんのご家族について紹介します。

伊原さんは、実は、2回ご結婚されています。
最初は1990年に女優の相築あきこさんと結婚していますが、離婚してしまいます。
その理由は定かではありませんが、一説によると伊原剛志さんが拘束されるのが嫌で、彼が結婚生活に耐えられなかったために別れてしまったという理由があります。

これがもし本当なら、もう結婚は諦めて役者業に専念するしかないと思いますが……。
ちなみに、伊原さんと相築さんの間には2人の子供がいます。
詳細はわかりませんが、芸能界に入りたいと言っているとか、スポーツ選手になるために留学しているとかの噂があります。
やっぱり、お父さんもお母さんも芸能界に入っているならば目立つ仕事をやりたいと思うのが性なんですね。

しかし彼女と離婚した後は、2001年に一般女性と再婚しています。
その後役者として活動しつつ、朝鮮風のすきやき屋をオープンさせます。
伊原剛志さんは芸能活動の他に飲食店の経営にも興味があるようで、最初のお嫁さんと離婚した際にもお好み焼き屋「ぼちぼち」をオープンさせていました。

伊原さんは、芸能活動に飲食店の経営に、多彩な才能をおもちなんですね!
在日であることの告白もしたことで、朝鮮風のお店を出したのもおもしろいですね。
これからのご活躍にも期待しています!




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ!

PAGE TOP