生稲晃子の娘と旦那ってどんな人なのか?乳がんを乗り越えられたのも家族がいたからだった!

元おニャン子クラブの生稲晃子さんが、乳がんを患い5度も手術をしていたことを告白しました。
彼女には娘さんと旦那さんがいますが、二人ともどんな人物なのでしょうか?




生稲晃子の娘はまだ10歳だった……

今回の乳がんの件について、「10歳の娘が成人になるまでは負けられない」と語っている生稲晃子さん。
生稲さんの乳がんが見つかったのは2011年の43歳の時だそうで、それから何度も再発をし、その度に息ができなくなるほどの苦しみやショックに襲われたんだとか。

娘さんはまだ幼すぎて乳がんの深刻さがわかっていないようなので、のちのち真剣に向いあって話をするそうです。
しかし、40代という年齢で急になってしまうなんて、相当驚かれたでしょうね。

病気のことが分かった際には、やはり真っ先に娘さんのことが浮かんだと言います。
初めて発病のことを知った時、彼女はまだ一桁の年齢だったのです。
この子を置いて旅立つなんてできない……生稲晃子さんの頭には、真っ先にこのようなことが浮かんだでしょうね。

しかし、生稲さんにしろ北斗晶さんにしろ、最近の芸能界の女性は乳がんの発症が多くて心配になりますね。
やはり女子は定期的に検診に行くべきでしょう。




生稲晃子は旦那と共に鉄板焼きをやっている!

一方、生稲晃子さんの旦那さんはいったいどのような方なのでしょうか?
有名ですが、旦那さんは六本木で鉄板焼き屋さんをやっておられるそうです。
ステーキやお好み焼きなどが六本木にしてはリーズナブルな値段で食べられるので、けっこうにぎわっているお店のようですよ。

また、アイドルグループであるAKB48が打ち上げによく来店するとの噂もあります。
一般の方にも芸能人にも人気のお店なんですね!

しかし、生稲晃子さんが今回乳がんになったとなると、しばらくの収入はこのお店にかかってくることになりますね。
生稲さんは今は復帰されているようですが、何度も手術をされていますし、あまり無理な仕事はできないでしょう。

でも、旦那さんはこの4年間、がんや手術のことをひた隠しにしてきた彼女をこの店で支え続けて来たのでしょうから、これからもそんなに心配する必要はなさそうですね。

まだまだ若くて綺麗な生稲さんが今回のように重い病気にかかってしまっているのは非常に残念なことですが、5回にもわたる治療や摘出手術を乗り越えてきたのですから、これからもきっと大丈夫でしょう!
旦那さんや娘さんと共に幸せな人生を歩まれることを願います。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ!

PAGE TOP