イトーヨーカドーの閉鎖店舗一覧!閉店してしまうかもしれないのはどこ?

大手GMSとして長年栄えてきたイトーヨーカドー。しかし最近、親会社のセブン&アイ・ホールディングスが2020年2月までになんと40もの店舗を閉店すると発表しました!では、どこの店が閉まることになってしまうのでしょうか? 予想される閉鎖店舗の一覧表を紹介します!




イトーヨーカドーが次々と閉店してしまう理由は?

そもそもなぜ40ものイトーヨーカドーが閉店に追い込まれることになってしまったのでしょうか?
セブン&アイ・ホールディングスの会見によると、「不採算店や建物が老朽化しているところの売却や統廃合を進めるため」ということだそうです。

つまり、あまり売り上げが挙げられていないところや建物が古くて営業を続けられないところが多くなったということなんですね。ちなみに閉鎖店舗の名前はまだ発表されていませんが、主に地方の店舗が閉店になるのではないかという予想がされています。何十年も続いてきたGMSだからこそ、ぶち当たってしまった問題と言えるかもしれませんね。

ちなみに40店舗というのは全体の2割に当たる数です。これはけっこう大きな数字なのではないでしょうか……? これからどのようにして利益を上げていくのかが個人的には気になるところです。




予想される閉鎖店舗一覧とその理由を紹介!

では、ここからはイトーヨーカドーの閉鎖店舗の予想一覧と、その理由をを紹介していきたいと思います!

・北海道旭川店
→郊外型大型デパートが近くにひしめき合っているから

・宮城県仙台泉店
→SELVAという大型ショッピングモールが同じ通り沿いにあり、そちらの方が集中していると言われているから。

・群馬伊勢崎店
→大型デパート「SMARK」の存在が大きすぎるから。そちらの方が若者向けの商品がたくさん並んでいるので客が入り込みやすい

・東京都大井町店
→人の入りが少ないから。電車に乗れば他の街の大型ショッピングモールに簡単に行けてしまう

・愛知犬山店
→大型デパートがどんどんとなくなっていくので、その流れにのってイトーヨーカドーも閉店してしまうのではないかと言われているから。

・京都六地蔵店
→人の入りが少なく、店舗内の飲食チェーン店も閉鎖してしまったから

・岡山店
→イオンなど他のデパートの参入が相次ぎ、客数が減っているとの噂があるから

……いかがでしょうか?

この閉鎖店舗一覧はあくまでも予想にすぎません。しかし、客数の少なさやライバル店の多さなどに悩まされている店舗は閉店してしまう危機に瀕していると言えるでしょう。

みなさんの近くのイトーヨーカドーはどうか、なくなってしまったらどこで買い物をしておくかなどを今のうちに考えておくといいかもしれませんよ。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ!

PAGE TOP