岸朝子はタバコを1日1箱吸っていた!現在の病気は心不全とのことだが自家製の食べ物で医者いらず?!

岸朝子さんは日本の料理記者として、「おいしゅうございます」という言葉で人気を博していた人物でした。
またかなりのタバコ好きともしても知られており、現在まで肺に関係する病気なのではないかと噂されていました。
実際はどうなのでしょうか?




岸朝子はタバコを1日に1箱も吸っていた!なのに医者いらずで91歳まで生きた!

「おいしゅうございます」という言葉遣いから、岸朝子さんは相当お上品な方だと想像できますよね。
しかし彼女の本当の姿を追っていくと、実はかなりのヘビースモーカーだということが判明しました!

なんと彼女、1日に1箱もタバコを吸っていたというんです……!
これはかなりやばいですよね……。

しかし現在まで、肺の病気にかかったことはないというから驚きです。
ちなみに1日に1箱ものタバコを吸い続けていると一般的にはどうなってしまうかというと、吸わない同世代の人たちに比べて心臓病や脳卒中にかかりやすくなり、それによって亡くなってしまう確率が2倍近くにまで跳ね上がるんだそうです。

しかし、岸朝子さんはなんと91歳まで生き続けました。
なぜ彼女はここまで長生きできたのでしょうか?




岸朝子は現在心臓の病気をかかえているが、自家製のジュースと油味噌で長生きできた!

岸朝子さんは現在心不全という心臓の病気をかかえていますが、91歳という年齢になってこの病になるまでは大病を患ったことがないと言います。
その理由を突き詰めていくと、毎日食べていたとされる自家製のジュースや油味噌の存在があることがわかりました。

自家製ジュースというのは、リンゴとグレープフルーツをミキサーにかけるだけという、とってもシンプルなもの。
時には桃などを入れることもあったようで、要は旬の果物を積極的に摂取していたようなんですね。

また油味噌というものも頻繁に食べていたようで、それは沖縄食材の「アンダンスー」というものと同じものなのですが、ゆでた豚肉に味噌と砂糖とお酒を合わせたものなんだそうです。
岸朝子さんのご両親は沖縄出身とのことですから、おそらく親の代から伝わる家庭料理だったのでしょうね。

岸さんはこの2つを欠かすことなく毎日食べ続けているので、タバコを1日1箱吸っても健康でいられたとのことでした。
ちなみに岸さんにはひ孫までいたとのことですが、ひ孫の代までこのジュースと油味噌は伝えられているんだそうですよ。

これを食べれば病気知らずでいられるとのことですので、気になる方は作ってみてはいかがでしょうか?




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ!

  1. 新生児服
  2. 5520d8e9118d7c2c980737c097dcf0d0_s
  3. xyz1g5kmzrk4zya
  4. スクリーンショット 2016-03-28 18.25.32
  5. 59abac023a069e5cd55a977efa3d3dbe
  6. 7c5eb39cd6d98edb272321a380b1877d-e1443418926206
  7. スクリーンショット 2016-03-07 16.09.57
  8. -shared-img-thumb-JUN160103117681_TP_V
  9. -shared-img-thumb-CRI_IMG_6001_TP_V
  10. -shared-img-thumb-150711419006_TP_V
PAGE TOP