岸本慎太郎が退所して気象予報士になるかもしれない…ジャニーズはどうする?

今回、ジャニーズJr.のメンバーである岸本慎太郎さんが、事務所内で初めて気象予報士の資格をゲットしたということで話題になっています。
とてもおめでたい話ですが、実はその裏には、彼がジャニーズを退所、つまり辞めるのではないかという噂があるのです。
では、彼はどのような選択を取る気でいるのでしょうか?




岸本慎太郎が気象予報士の資格を取ったのはどれだけすごいことなの?

そもそも岸本慎太郎さんが気象予報士の資格を取ったことが、なぜこんなにも注目されているのでしょうか?

まず一つは、この気象予報士の資格をゲットできるのは、毎回数全受験者数のパーセントしかいないという点です。
実際、岸本慎太郎さんが受けたときも、受験者数が3000人以上いる中、合格したのは125人で、たったの4パーセントの人しか受かっていないという計算になっています。つまりそれだけ難易度が高い資格なんです。

それに受かっただけでもすごいのですが、岸本慎太郎さんのすごいところは、なんといってもジャニーズを退所せず、その仕事と並行しながら勉強を続けたことです。
岸本さんは現在19歳の明治大学生ですが、実は高校2年のときから「人とは違う特技がほしかった」という理由で気象予報士の資格の勉強を始めています。その時にはすでにジャニーズに所属していたといわれていますから、芸能の仕事をやりつつ勉学に励んだのです。

さらに過去に3度試験に落ちていつつも、諦めずに勉強し4度目でやっと合格。彼の粘り強さもこの話題の中心になっているわけです。




岸本慎太郎の表向きの意志は「退所しない」

しかし、そこまで気象予報士の資格にこだわっていたとなると気になってくるのが、「ジャニーズを退所してそのまま予報士になってしまうのでは?」ということ。4回も試験を受けている岸本慎太郎さんならばなおさらこの心配は出てきてしまいます。

しかし、彼はこの合格の報告についてこのように語っています。
「(ジャニー喜多川社長に電話で報告した際)『ありがとう。承りました』とまさかの敬語でした」。
つまり、彼はこの資格を取ることを、社長であるジャニーさんに堂々と伝えていたんですね。

ということは、ジャニーズを退所しないで、でも予報士としても頑張ります、という意志をもっているということでしょう。
また、ドラマ『ヤマトナデシコ七変化』というドラマで中学時代から役者デビューしている彼にとっては、芸能の仕事も手放すことはできないのだと思います。

おそらく、芸能人でいる上で、さらに個性を持つためにこの資格を取ったのでしょう。
退所の件は、あまり深く考えなくて良さそうですね。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ!

  1. 新生児服
  2. 5520d8e9118d7c2c980737c097dcf0d0_s
  3. xyz1g5kmzrk4zya
  4. スクリーンショット 2016-03-28 18.25.32
  5. 59abac023a069e5cd55a977efa3d3dbe
  6. 7c5eb39cd6d98edb272321a380b1877d-e1443418926206
  7. スクリーンショット 2016-03-07 16.09.57
  8. -shared-img-thumb-JUN160103117681_TP_V
  9. -shared-img-thumb-CRI_IMG_6001_TP_V
  10. -shared-img-thumb-150711419006_TP_V
PAGE TOP