マダム路子の娘と家系が悲惨…余命宣告を受け不倫を起こしていた!

日本の美容業界でその名をとどろかせているマダム路子さん。
華々しい人生を送ってきたように思える彼女ですが、実は裏には娘さんの重病と、不倫によるめちゃくちゃな家系がありました。
息子でありお笑いコンビ品川庄司の品川祐さんと共に、「私の何がイケないの?」でその半生を語ってくれるようです。




マダム路子の娘は余命4ヶ月を宣告されていた

マダム路子さんは先ほども言いましたが美容業界の大御所の方です。
日本美容専門学校を卒業しモデルとして活躍したあとには、国際魅力学会を設立したり、早稲田大学エクステンションセンターというところで美容に関する講義を行ったりしています。
マダム路子さんは2015年現在で75歳だそうですが、肌も髪も綺麗でとてもそんな年齢には見えません!

また、彼女には4人のお子さんがいます。二人の娘さんと二人の息子さんです。
子供さんもみんな華々しい道を極めている方々で、長女は美容師、次女はライター、長男は映像作家、次男はお笑い芸人なんです。
やはり、両親がすごい人だと子供たちもすごいんですね!

しかし、次女である実花さんは、とても重い病気を患っていました。
脳の一部が圧迫されて意識や身体の動きに障害をもたらす、悪性脳腫瘍という病気です。

これによって娘の実花さんは記憶障害となってしまい、ご家族の名前も旦那さんのこともわからないような状態になってしまったそうです。
しかも余命宣告までされていました。なんと、4ヶ月だそうです。

もはや手術もできないくらい腫瘍も大きくなり、脳の機能も衰えてきてしまったのでしょう。
自分よりも早く娘が先に病気になってしまう……マダム路子さんは、かなり辛い思いをされたのでしょうね。




マダム路子は不倫愛を起こし、家系もめちゃくちゃになっていた

彼女の娘さんの病気も心配ですが、彼女自身の家系もまた、かなり大変なことになっていました。
実はマダムさんは、最初の旦那さんとの結婚生活において、不倫をしているんです。

最初の旦那さんは山野凱章さんという方で、東京美容卸商業共同組合理事長、ICD世界美容家協会世界副会長という肩書を持った、これまた美容業界で超有名な方です。
そんな美容のエキスパート同士の結婚でしたが、マダム路子さんは当時から小説家の笹沢左保さんと付き合っていたようなんです。
さらには姑さんとの関係も悪く、そのまま4人の子供を引き取って離婚。笹沢さんと一緒に暮らし始めます。

しかし実は笹沢さんとの生活もまた奇妙で、彼には奥さんと他にも愛人がいたようなのですが、なんとその愛人と奥さんと、そしてマダムさんと子供たちで暮らし始めたというんです!
こんな家系、みたことないですよね……。

しかしその後彼と別れ、2007年には俳優の片岡五郎さんと結婚。そして現在にいたるそうです。
彼女とその子供たちは凄まじい家系の中で生きてきたんですね……。
しかし家系がぐちゃぐちゃでも親子関係はよかったようで、そこはやはり女手一つで育てたことへの感謝の念があるのかもしれません。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ!

PAGE TOP