野坂昭如は現在まで脳梗塞だった!大島渚との殴り合いの過去を持つ彼の今の生活に迫る!

誰もが知っている『火垂るの墓』などの名作を生み出した直木賞作家の野坂昭如さん。
そんな彼が現在、脳梗塞で入院しているということがわかりました。
また、過去には映画監督の大島渚さんとの殴り合いをしていたという話もあり、その人生に注目が集まっています。




野坂昭如は現在脳梗塞でリハビリを行っていた!

野坂昭如さんは作家としてだけではなく、歌手やタレントとしても活躍しており、非常に幅の広いジャンルでいろいろなことをやっていた方でした。
また政治家として出馬したこともあり、長きに渡って話題を集めていた人物だったんです。

しかし2003年に脳梗塞を発病すると、それ以降はあまりテレビやラジオなどでの活躍が見られなくなってしまいます。
この時野坂昭如さんはリハビリをしており、とても仕事ができるような状態ではなかったみたいなんですね。
確かに彼は1930年生まれで2003年の地点では73歳ですから、逆にそれまで大きな病を患っていなかったのがすごいくらいでした。

また、脳梗塞によるリハビリは2015年現在まで続いていましたが、それでもラジオへの録音コメント(TBSラジオ『土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界』や『六輔七転八倒九十分』)、新聞のコーナー(毎日新聞の『七転び八起き』)などへの執筆活動は続けていたそうです。

現在も、病気と闘いながら密かに活動を続けていたんですね。
野坂さんはとってもパワフルな方です!




野坂昭如と大島渚の殴り合いはテレビでの放送事故となっていた!

野坂昭如さんの現在までの人生の中で一番話題になったのが、『戦場のメリークリスマス』などの映画を手がけた映画監督・大島渚さんとの殴り合いでした。

殴り合いの舞台は大島さんと奥様との結婚30周年記念パーティーでした。
そこで祝辞を読むことになった野坂さん。順調に読んでいるように思えたその瞬間、なんといきなり大島さんのことを拳で殴ってしまったんです!
これにたいして大島さんも負けじと反逆を食らわし、なんとマイクで彼のことを殴ってしまったようなんです。

この殴り合いの発端は、お互いの勘違いにありました。
野坂昭如さんは祝辞を読むために招待されたのに順番を飛ばされ、何時間も待たされていました。
一方大島渚さんは、野坂さんがすでに帰ってしまったものだと思っていたようなんです。

この事件はその場の人たちによって収められ、そして二人はお互いに反省文を書いて双方に送ったとのことですが、これはテレビで中継されていて映像も残っていたために世間的に大きな話題になりました。

華々しい生活を送ってきた野坂さんにも、このようなことがあったんですね。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ!

  1. 新生児服
  2. 5520d8e9118d7c2c980737c097dcf0d0_s
  3. xyz1g5kmzrk4zya
  4. スクリーンショット 2016-03-28 18.25.32
  5. 59abac023a069e5cd55a977efa3d3dbe
  6. 7c5eb39cd6d98edb272321a380b1877d-e1443418926206
  7. スクリーンショット 2016-03-07 16.09.57
  8. -shared-img-thumb-JUN160103117681_TP_V
  9. -shared-img-thumb-CRI_IMG_6001_TP_V
  10. -shared-img-thumb-150711419006_TP_V
PAGE TOP