お盆とお彼岸の違い・お墓参りの作法が違うって知ってた?

日本には様々な伝統行事がありますが、その中でもお盆とお彼岸ってなんだか似ているように思えますよね。時期も近いし、両方お墓参りに関する行事だし……。
この両者の違いはいったいなんなのでしょうか?




お盆とお彼岸の違いはお墓参りの目的・方法にある?

お盆は地域にもよりますがだいたい8月の13日~16日くらいの間に行われ、ご先祖様をお迎えする・お送りする行事だとされています。この時にお墓参りをするのにはそんなご先祖様に挨拶をするためなのです。家族に会うために帰って来てくれたのですから、この時にはしっかりとご挨拶をしておきたいものです。

また墓参りの際、きゅうりの馬やなすの牛をお供えすることってありますよね?あれも盆ならではの慣習で、きゅうりの馬は「早く現世に帰ってこれるように」、なすの牛は「ゆっくりとあの世に戻っていかれるように」との願いが込められているものなんです。
このようにご先祖様をお迎え・お送りするために特別なお供え物をしたり、時には迎え火・送り火のような行事を行ったりするのが、お盆の時期と普通の時の墓参りの違いです。

では、お彼岸はどうでしょうか?

お彼岸は9月の秋分の日を中心にして前後3日間、計7日間ほどにわたる期間のことを指します。秋分の日は太陽が真西と真東に沈むため、真西にありご先祖様がいらっしゃる彼岸、真東にあり私たちがいる此岸がつながる時期だと考えられているのです。

そんな時期にお墓参りをするのは、彼岸にいるご先祖様たちにこの世での精進を誓うためだと言われています。彼岸というのは人の世を離れ悟りを開いた者だけが行ける世界だと言われているので、そこにきちんとたどり着けるようにしますと伝えるのが目的なようです。

お墓参りをする目的や方法で、お盆とお彼岸はこれだけの違いがあるものなのですね。




お盆でもお彼岸でもきちんとお墓参りをしよう

お盆もお彼岸も、ご先祖様とつながれる大切な時期になってきます。もしきちんとした準備などができなくても、せめてお墓参りだけは心を込めてきちんとやりましょう。このような行事ではとにかく心を尽くすことが大事ですから、感謝の気持ちをここでちゃんと伝えられるといいですね。

また、これらの期間では家族と一緒に過ごすということも大事になってきます。日頃は忙しくてなかなか実家に帰れないという方も、この時期には帰るようにして、そして墓参りもしっかりとやっておくといいでしょう。日本の伝統行事にはちゃんと意味がありますから、そこに沿って生活できるともっと心が豊かになるかもしれませんよ?




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ!

PAGE TOP