お中元の時期っていつ?〜東北・新潟・名古屋・岡山編〜

AR063_L

夏が近づくとそろそろ考えなければいけないのがお中元。お得意様やお世話になった方に、感謝の意を伝えるチャンスです。
ところがお中元の時期は地方によって異なることもあり、贈り物を送る際に頭を悩ませる方も多いはず。そこで今回は、東北、新潟、名古屋、岡山の4地域についてお中元の時期をお伝えします。

お中元の時期〜東北〜

東北地方でのお中元の時期は7月15日です。旧暦のお盆と同じ日ですね。
なお物を贈る際は、この日ぴったりに届かなくても、この日までに届けばよいとされています。
よって何か贈答するのであれば、7月1日から7月15日の間に届くようにすると良いでしょう。数日くらい遅れても問題ありませんが、7月19日を過ぎるようであれば暑中見舞いとして送ります。




お中元の時期〜新潟〜

次に、東北地方に近い新潟県のお中元の時期を見てみますと、新潟でも同じく7月15日とされています。
ここで先にネタバレをしておくと、全国的にはお中元の時期は7月15日が標準とされています。ただ実際には、東日本は7月15日、西日本は8月15日の地域が多いようです。だから、東日本である東北地方も新潟も7月15日になっていたわけですね。
なお、このように地域で日付が違うのは、お盆と同様に新暦と旧暦のどちらを基準にするかが異なるためです。

お中元の時期〜岡山〜

試しに少し離れた岡山県について見てみます。
上の区分け通りだとすると岡山は西日本なので8月15日になるはずですが、どうでしょうか。実際にはやはり想定した通り、8月15日をお中元としているようです。ただ、標準である7月15日に引きずられ、年々早まる傾向にあるようです。




お中元の時期〜名古屋〜

では、次に名古屋はどうでしょう。名古屋は地理的には西日本に位置するものの、文化的には東日本と位置付ける人もいて、いわば東日本と西日本の間に位置しています。
ではどちらの慣習にならっているのでしょうか。
実際には、名古屋では西日本と同様に8月15日をお中元とする慣習があるようです。しかし、関東圏の影響を強く受け、徐々に7月15日に移行してきているとのこと。贈り物をする際は7月15日に間に合うようにすると失敗はないでしょう。
以上、東北、新潟、名古屋、岡山のお中元の時期を例に、大まかな日付は2通りあることを見てきました。ただ、名古屋や岡山でも最近は7月15日へと移ってきているようですので、贈り物を送る際は気を付けましょう。迷ったら7月15日までに届くようにしておけば間違いありません。
せっかくの心をこめた贈り物、つまらないマナーの勘違いで相手に失礼のないようにしたいものですね。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ!

  1. 新生児服
  2. 5520d8e9118d7c2c980737c097dcf0d0_s
  3. xyz1g5kmzrk4zya
  4. スクリーンショット 2016-03-28 18.25.32
  5. 59abac023a069e5cd55a977efa3d3dbe
  6. 7c5eb39cd6d98edb272321a380b1877d-e1443418926206
  7. スクリーンショット 2016-03-07 16.09.57
  8. -shared-img-thumb-JUN160103117681_TP_V
  9. -shared-img-thumb-CRI_IMG_6001_TP_V
  10. -shared-img-thumb-150711419006_TP_V
PAGE TOP