大沢樹生が息子の障害をテレビで告白!難聴と腸に問題があり。虐待の話も出ているけれど大丈夫なの?

元光GENJIの大沢樹生さんが、息子さんとのDNA関係について元妻の喜多嶋舞さんと法廷で争い、そして現在「父と子の間に親子関係はなかった」という審判が下されましたね。
大沢さんは最近テレビで息子には障害があると告白していますが、いったいどんなものなのでしょうか?




大沢樹生の息子は難聴で腸にも障害を抱えていたことがテレビで判明!

テレビで語られた大沢樹生さんの息子・零次さんの障害は、二つあります。

まず一つは、生まれてきたときに腸がお腹から飛び出すという、先天性腸壁破裂。
これは非常に大きな問題だったので、彼は生後10か月にして2度の手術を集中治療室で受けることになります。
現在もまだ食事の際に整腸剤を飲むなどをしなければならない状態ですが、こちらはほぼ治っているようです。

しかし大沢樹生さんの息子さんにはもう一つの障害がありました。
それが、難聴です。
こちらもどうやら生まれつき患っていたようで、補聴器をつけないといけないまでになってしまっているようですが、最近では症状が軽くなっているとのことです。

ちなみになぜテレビで告白することになったかというと、大沢樹生さんいわく、自身の自叙伝を出す際に、息子の零次さんの障害の話なくては語れないと思ったからなんだとか。

また大沢樹生さんはそのテレビ番組の中で零次さんを「自分の身に変えても守りたい存在」だと語っていますが、今回のDNA検査の結果や裁判の判決を見ると、なんとも言えないいたたまれない気持ちになりますね……。




大沢樹生は息子に虐待をしていた?!

しかし、とんでもないことが発覚してしまいました。
なんと、大沢樹生さんは、息子の零次さんに虐待をしていたというのです!

これは零次くんが週刊文春に語ったと言われていることで、彼に「お前がいると家族が壊れる」などといったり、時には日本刀を首元につきつけたりしたこともあったんだとか。
この体験をしたとき、零次さんは本気で「殺される」と思ったんだそうです。

また母親である喜多嶋舞さんからも幼い時から虐待を受けていたようで、風呂に沈められそうになったり、ハイヒールでぶたれたりしたんだそうです。
これが本当なら、相当酷い話ですよね……。

しかし、大沢樹生さんはこれを真っ向から否定。
そうじゃないと、テレビで彼の障害の話を堂々とすることなんてできないでしょうね。

しかし、このテレビでの告白は、ある意味自分のイメージを良くするためだったりするのではないかと思います……。
真実はわかりませんが、果たしてこの問題の結末はどうなるのでしょうか?




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ!

  1. 新生児服
  2. 5520d8e9118d7c2c980737c097dcf0d0_s
  3. xyz1g5kmzrk4zya
  4. スクリーンショット 2016-03-28 18.25.32
  5. 59abac023a069e5cd55a977efa3d3dbe
  6. 7c5eb39cd6d98edb272321a380b1877d-e1443418926206
  7. スクリーンショット 2016-03-07 16.09.57
  8. -shared-img-thumb-JUN160103117681_TP_V
  9. -shared-img-thumb-CRI_IMG_6001_TP_V
  10. -shared-img-thumb-150711419006_TP_V
PAGE TOP