おうし座流星群(2015年)が見える時間は21時以降!方角は気にしなくても大丈夫

2015年11月には、おうし座流星群が見られるようです!
今のうちにその日付や時間と、方角をチェックしておきましょう!




2015年、おうし座流星群は2回観られる!

流星群、と聴くと、「その日のうちにしか見られないものだから絶対に観なきゃ!!」という気持ちになる人が多いと思います。
しかし、なんと2015年11月のおうし座流星群は、11月のうちに2回も観られるものなんです!

いつ見ることができるのかというと、11月6日と13日です。
残念ながら6日は過ぎてしまいましたが……13日なら、まだ間に合いますね!

なぜ2回観られるのかというと、おうし座流星群というのは北群と南群にわかれている流星群であり、北と南の2回ずつみられると言われているからです。
おうし座はたくさんの星で構成されている星座なので、北と南、それぞれで流星群が発生するんですね。

ちなみに11月6日が南群の極大、11月13日が北群の極大です。
極大というのは星の活動の中でもっとも多くの量の流星が見られる日にちのこと。つまり、綺麗に見れるのがこの日にちということなんです!

2015年の冬の流星群は、この日付を押さえておきましょう。




2015年のおうし座流星群が見られる時間と方角は?

さぁ、肝心なのがおうし座流星群が見られる時間と場所です。
まず時間ですが、これは21時以降から明け方になるのではないかと言われています。

特に流星群の動きは明け方が最も活発になると言われているので、綺麗な流星群が見たいという方は頑張って明け方(3時~4時くらい)まで起きてみましょう。
次の日の11月14日は土曜日ですから、多くの方が可能なのではないでしょうか?

また、方角は特に関係ありません。
というのも、流星群というのは星がすべての方角の空を駆け巡る事象のこと言うからです。
ただ、おうし座自体は東の方角にあるので、東の方角に注目しておくといいかもしれませんね。

さらにおうし座は、夜が更けると南中します。つまり空の一番高い所に移動します。
その頃が一番星座が見やすくなる時間帯なので、せっかくですからおうし座も鑑賞しましょう。

しかし、流星群の観察で肝心になってくるのが、天気です。
2015年11月13日の天気はどうなっているかというと、北海道から名古屋にかけては晴れもしくは晴れ時々くもりのところが多いですが、名古屋から西は雨マークがついてるところがほとんどのようです……。

これは、もしかしたら見える人の方が少ないかもしれません……。
当日、何とかして雲が晴れて、2015年のおうし座流星群が堪能できればいいですね!




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ!

  1. 新生児服
  2. 5520d8e9118d7c2c980737c097dcf0d0_s
  3. xyz1g5kmzrk4zya
  4. スクリーンショット 2016-03-28 18.25.32
  5. 59abac023a069e5cd55a977efa3d3dbe
  6. 7c5eb39cd6d98edb272321a380b1877d-e1443418926206
  7. スクリーンショット 2016-03-07 16.09.57
  8. -shared-img-thumb-JUN160103117681_TP_V
  9. -shared-img-thumb-CRI_IMG_6001_TP_V
  10. -shared-img-thumb-150711419006_TP_V
PAGE TOP