バスタオルの適切な洗濯頻度は?「臭いが出てから」という強者も…

日々の生活に欠かせないバスタオル。お風呂上がりの一番いい気持ちでいるときに直接体をふくものですから、常に清潔にしておきたいですよね。しかし毎日使うものだからこそ、なかなか洗濯できないというお悩みを持っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、バスタオルの適切な洗濯頻度を紹介します! あのイヤ〜な臭いを発生させないための方法も紹介するので、ぜひチェックしてみてくださいね。

臭いを出さないバスタオルの洗濯頻度は「毎日」

1回使用するだけでも、バスタオルには相当の数の雑菌がついてしまいます。雑菌は常に人間の皮膚の表面上にいて、皮脂などを食べて生きているのです。そのため、体を直接ふくことによってタオルに菌が移り、それが臭いの元になってしまったりするんです。

菌が増殖するスピードは凄まじく、なんと1週間タオルを洗わないというだけで数億個にまで増えてしまうのだとか。ちなみにこれは排水溝とほぼ同じくらいの菌の数らしく、臭いも出てきてしまうらしいので、もうここまできたらすぐにでも洗濯をしましょう。

バスタオルの清潔を保ち、臭いを出さないようにするためにも、できれば毎日換えておくのがベストです。もし時間的に余裕がないという場合は2日に1回という頻度でもいいらしいので、とにかくこまめに換えるように心がけましょう。




ちなみに一番多いバスタオルの洗濯の頻度も「毎日」らしい

では世間一般の女性がどれくらいの頻度でバスタオルを洗濯しているかというと、なんとこれも「毎日」が多いんだとか。とにかく毎日新しくて清潔なものを使いたいと思っている人が多いんですね。確かに臭いのついたタオルは使いたくないですし、直接体をふくものですからあまりにも汚いものは使えませんよね。

しかし、一方で「臭いが出てから洗濯する」という強者も。もはやここまでくると面倒臭がりなのかもしれませんね。

多くの雑菌がついているタオルで体をふいてしまうと、場合によっては傷口が化膿したりすることもあるらしいのでご注意を。自分の体を守るためにも、日々使うタオルは頻繁に洗濯して常にきれいにしておきましょう!




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ!

PAGE TOP