ゆで卵の賞味期限は?常温と半熟で違う意外な事実に驚き!

お家でのご飯に、子供たちのお弁当にと大活躍のゆで卵。しかし、この時期だからこそ知っておきたいのは、「卵の賞味期限っていつまでなの?」ということ。生卵なら常温でも冷蔵庫でも2週間程度持つと言われていますが、中にはゆで卵にして食べるという人も多いはず。

そして半熟に茹でてお弁当に入れるという人もいるでしょうから、余計にどのくらいで食べればいいのかが気になるところですよね。では、常温だといったい何日くらいで食べきればいいのでしょうか?

ゆで卵の常温での賞味期限は数日くらい

生卵よりもゆで卵の方が長持ちしないわけは、卵の殻の膜に含まれていて細菌から中身を守ってくれる成分が、熱を加えるとほとんど壊されてしまうからなんだそうです。ですからゆで卵の場合は、卵のパックに書かれている賞味期限よりも早く食べてしまわなければなりません。

一説によると、常温で殻つきならば3日程度、殻にひびが入っているのであれば2日程度持つそうです。また、殻を完全にとってしまった場合は24時間以内が目安になってくるので、いずれにしろ早く食べなければならないようですね。




半熟のゆで卵の賞味期限はもっと短い!

では半熟のゆで卵はどうでしょうか? こちらはなんと、常温ならば数時間以内で食べきらないといけないそうです。

というのも、半熟の場合だと食中毒を引き起こす菌が生き残っている可能性があるからだそう。お弁当などに入れて長時間暑いところにいると菌がどんどん増えていってしまうので、この時期におかずとして入れるのは避けた方がいいです。

そのため半熟卵の賞味期限は数時間となり、できれば作ってすぐに食べるのがおすすめとなります。とろ〜っとしていてとってもおいしい半熟卵ですけれど、この時期はかなり危なくなってきてしまうんですね……。

これからの時期にもいつものようにお弁当に入れてしまうと思いますが、安全面により一層気をつけて、ゆで卵を美味しく食べましょう!




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ!

PAGE TOP