みなとこうべ海上花火大会の穴場紹介!六甲山ほか

8月に入り、東京ではいたるところで大規模な花火大会が開催されています。しかし、関西も負けてはいません。

たとえば今回紹介するみなとこうべ海上花火大会は、港町・神戸だからこそ見られる大人気のイベントなんですよ。打ち上げられる花火の数は約1万発、来場者数は毎年約25万人だと言われています。2015年は8月8日の土曜日に開催されるとのことですが、今年も大混雑が予想されそうですね。

そこで! 今のうちに混雑を避けてみなとこうべ海上花火大会を楽しめる穴場をチェックしておきましょう! 六甲山など、様々な隠れスポットが存在するようですよ。

みなとこうべ海上花火大会の穴場スポットは六甲山にある?

みなとこうべ海上花火大会の穴場として一部の人たちから高い評判を受けている六甲山。

もしかしたら「え?! 山に登らなきゃいけないの?!」と思う人もいるかもしれませんが、そんなに心配しなくても大丈夫です。おすすめのスポットは六甲山の展望台なのですが、ここはそんなに高い場所にあるわけではないので誰でも行くことができますよ。

ちなみにここからはどんな風に見えるかというと、花火は小さく見えるものの、打ち上げ会場を一望できるので、すべての花火を逃すことなく観ることができるそうです。花火を見下ろす形で観ることができるので、とっても貴重な体験ができるそうですよ。

また展望台の近くにはレストランもあり、食事をしながら花火を楽しむことができるそうです。しかし大会当日はどこのレストランも満席になることが予想されますので、すぐに予約されることをおすすめします。




六甲山の他にもみなとこうべ海上花火大会の穴場はある?

六甲山に登れる自信がない、ちょっとここの穴場は自宅から遠い……という方のために、みなとこうべ海上花火大会の他の穴場を紹介します。

たとえば、神戸オリエンタルホテル周辺もおすすめです。こちらは打ち上げ会場にほど近い場所であるため、とっても見やすいんだそうです。ちなみにホテル側はこの日の宿泊を完全予約制にしており、花火を特等席で観られるような宿泊プランを用意しているんだとか。ゆったりくつろぎながら楽しみたい人にはぴったりですね。

また、神戸布引ハーブ園もおすすめの穴場です。こちらならば花火大会と同時に神戸の夜景も楽しむことができるので、デートスポットとしてももってこいですね。とってもロマンチックな場所なので、一度訪れてみてはいかがでしょうか?


関西を代表する花火大会であるみなとこうべ海上花火大会。隠れた名スポットを上手く活用して、お得に楽に楽しみましょう!

みなとこうべ海上花火大会
住所:神戸港(新港突堤〜メリケンパーク南側海上より)
開催日:2015年8月8日(土)
打ち上げ時間:19:30〜20:30
アクセス:兵庫ふ頭、市役所前、ポーアイしおさい公園からシャトルバス
料金:花火一般(個人)協賛席前売券3,100円、当日券3,600円
お問合せ :神戸市総合コールセンター TEL.078-333-3330
花火開催の有無についてのお問い合わせ TEL.0180-991-270




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ!

PAGE TOP