手持ち花火ができる場所はココ!東京・神奈川エリア編

8月の中ごろになり、だんだん花火大会などのイベントが少なくなっている今日この頃。そんなときに夏の気分を盛り上げてくれるのが線香花火やロケット花火などの手持ち花火ですよね。しかし、これをどんな場所でやっていいのかわからないという人も多いでしょう。

そんな方のために、今回は東京・神奈川エリアの花火事情をお伝えします。




東京で手持ち花火を楽しめる場所はココ!

東京や神奈川に住んでいる方のほとんどはアパートなどに暮らしていると思います。そうなると自分の庭を持つことができず、線香花火などの手持ち花火をなかなか楽しむことができないでしょう。そういう時は公園や川辺などに行って花火を楽しむしか方法はありません。

たとえば東京ならば、荒川の河川敷付近でできると言われています。荒川は広く、また水が近くにあるので花火をやるには安心できる場所です。また区立公園は花火禁止に関する条例がないのでやっても大丈夫なようです。

ただし、人があまりにも集まっている場合や近所に家がある場合はロケット花火など手持ち花火をするのはやめておいた方が良いかもしれません。線香花火など、周りにあまり迷惑をかけないような花火にしておくといいでしょう。

ちなみに東京で花火をやってはいけない場所は、葛西臨海公園や多摩川付近です。こちらは水の環境を守ることに重点を置いている地域ですので、花火を全体的に禁止しているそうなんです。どこでもできるというわけではないので、その点は注意しておきましょう。




神奈川県で手持ち花火ができる場所は公園にあり!

神奈川県ならば、山下公園や江ノ島ならば大丈夫だと言われています。神奈川には海岸が多いので、それだけ手持ち花火を楽しめる場所があるということなんですね。

ただし有名な海水浴場であるところも多いですから、ゴミの処理は言うまでもなくきちんとやっておきましょう。これによって警察沙汰になってしまうケースもあるので、周りや環境への配慮はしっかりと行わなければなりませんよ。

また、川崎市内や平塚の海岸沿いでは全面的に花火が禁止されているとのことです。ここは住宅が密集している地域ですから、苦情や問題が起きないようにあらかじめ禁止しているようですね。

花火ができる・できないは各地域によって大きく違ってきますから、前もってどんな条例があるのかを調べておきましょう。特に東京や神奈川は人が集まっている場所ですので、周りへの配慮が何よりも大事ですよ。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ!

PAGE TOP