甚平に合う簡単な髪型を紹介!セミロングとミディアムでも十分アレンジ可能

夏の終わりが近づいてきたとはいえ、イベントやお祭りはまだまだ残っています。そんな時に着ていきたいのが浴衣や甚平ですが、「髪型をどうアレンジしたらいいのかわからない……」という方もきっと多いですよね。

では、簡単にできるヘアアレンジ法にはどんなものがあるのでしょうか? 今回はセミロング・ミディアムの人が甚平を着ていくというパターンで紹介していきます!

セミロングでもかわいい髪型は簡単にできる!

甚平というのは浴衣よりも楽に着られるので、最近は女性の間でも大人気となっています。それでいて浴衣のように彩り豊かなデザインのものが多いので、今や夏のデートの服装にもぴったりです。

しかし、だからこそ髪型には気をつけたいところ。夏の装いには特にアップのヘアスタイルが中心になってきますから、今からでも遅くはないのでしっかりとアレンジ法を学んでおきましょう。

まずセミロングの簡単なアレンジ方法ですが、たとえば髪を全体的にねじるというものがあります。これは両サイドの髪を適当にとって後ろ方向にねじった後、残りの髪を一つに縛り、その髪をひたすら内側へと巻いていくというものです。この方法ならとっても簡単ですし、3分程度でできてしまうので忙しくても大丈夫ですよ。

またその巻いた部分にかんざしなどの飾りをつければ華やかな感じになりますし、凝っているヘアスタイルのように見えるので周りからの評価も高くなります。デートでも友達と遊ぶときでも使えますので、セミロングの方はぜひやってみてください!




ミディアムヘアで甚平に合う髪型って?

今度はミディアムヘアの場合を紹介します。ミディアムヘアというのは一般的に肩上から鎖骨までの長さのことをいい、セミロングに比べるとややアレンジしにくい髪型かなと思われがちですが、実際はそんなことはありません。

ミディアムヘアの簡単アレンジ法としては、編み込みをアップにするというのがあります。具体的には前側の両サイドの髪を三つ編みにし、それを後方で一つに結ぶというやり方です。これはプロでなくても簡単にできる髪型ですし、甚平にもピッタリなヘアスタイルです。

後ろで結べるほどの髪の長さじゃないという方は、左右どちらかの髪を三つ編みにして、それをピンで固定して髪飾りをつけるなどの方法をおすすめします。これも時短でできる髪型ですのでとっても楽です!

編み込みはイマドキのスタイルですし夏に大活躍するものですので、まだやり方をマスターしていないという方は今のうちに覚えてしまいましょう!




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ!

PAGE TOP