職場のクーラーが寒い時の対策は?夏でも冷え性になる可能性も

「職場がクーラーで冷え切ってて寒い!」こんな経験をした働くママは少なくないですよね。夏の暑さが残っている今の時期には、特にそんなことが起こっているのではないでしょうか。では、これにはどんな対策をすべきなのか、ご紹介していきます。




職場がクーラーで寒い時は羽織物をしっかりと準備!

秋や冬はもちろん寒いけど、クーラーをガンガンに効かせるから結局夏の職場も寒くなってしまう……。

こんな働くママの悩みを解決するには、自分で長袖のカーディガンやストールなどの羽織物を準備するのが一番おすすめです。
クーラーの冷気は、体を冷やすだけではなく肌の乾燥まで招いてしまい、1日中当たっていると腕などの皮膚から水分が奪われてカサカサになってしまいます。

そんなことにならないためにも、羽織物を着たりして冷気から体を守ることが大事なのです。
ちなみに羽織物でおすすめなのはストールです。これ1枚で寒い職場や乾燥から身を守れるだけではなく、薄手なので夏でも上手に体感温度を調節することができます。またカラフルなバリエーションを持っているので、おしゃれアイテムとしても使えるんです。
秋に向けてだんだん涼しくなっていく時期にも重宝しますので、持っていないという方は今のうちに買っておきましょう。

また手足などの体の末端部分が冷たくなってしまって仕方がないという方は、靴下や手袋を用意するといいと思います。
「夏なのにそこまで着込むの?!」と思われるかもしれませんが、冷えは女性の大敵ですから、対策はしっかりと行わなければダメですよ!




対策をとっていないと夏でも冷え性になってしまう?!

クーラーで冷え切った寒い職場の中で何も対策を取らずにいると、身体が冷え性になってしまうことがあります。たとえ暑苦しい夏であってもそうなってしまうケースは多いです。

実際女性はそのようにして体の血行を悪化させ、やがて足先や手を冷やしてしまうという症状にかかってしまいやすいようなので、クーラーの寒さ対策はしっかりととっておかなければなりません。

冷え性にならないためには羽織物や時には靴下なんかもうまく使って寒い環境から身を守るという手段も大事ですが、それと同時に体を内側から温めるということも重要になってきますよ。

たとえばアイスコーヒーではなくてホットコーヒーを飲んだり、ランチで温かいスープを飲んだりするようにすれば冷えに負けない体になります。

冷蔵庫のような職場でもこれを実践するようにすれば自ずと冷えに強くなれると思うので、何か対策を取りたいという方はぜひやってみましょう。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ!

PAGE TOP