一般的なお盆休みは、会社の場合いつから?【2015年版】

会社勤めをし出した大人には、学生時代のような長期間の夏休みなんてものはありません。しかし、お盆休みという連休が大人の心のオアシスになってくれています。
…とここで疑問に思うのは、「会社の一般的なお盆休みはいったいいつからなの?」ということです。各社によって期間の長さも始まる日も異なってくるとは思いますが、一般的なお盆休みはいつから始まっていつに終わってしまうものなのでしょうか?

会社の一般的なお盆休みは、8月13日~16日の4日間

日本の伝統上の話だと、8月13日は迎え火といってご先祖様を家にお迎えする日だと言われています。一般的なお盆休みはこの日から始まり、そして16日に送り火をしてご先祖様をあちらの世界にお送りすると終了するようです。この日にちは地域によっても変わってきますが、だいたいこの4日間がお盆休みと呼ばれています。そのため多くの会社では13日からを休みとし、16日を休暇の最終日と定めているようです。「いつからがお盆休みか分からないから、旅行の予定が立てづらい…」と思っていた方は、来年からこれを参考にしてみるといいでしょう。




いつから始まるのか?いつ終わるのか?が休みの長さを左右する

上で述べたことを考慮に入れると、土日が休みになる会社の場合では、お盆休みの長さが毎年変わってくるということになるかと思います。ここで2015年のお盆休みの状況を見てみると、残念ながら土日が13日~16日の間に含まれてしまっているので、4日間しか休めなくなっています。代休が出る会社もあるかもしれませんが、一般的なお盆休みはこの期間だと定められているので、おそらく多くの企業では出ないでしょう。ちなみに来年2016年も土日が被ってしまいますので、この2年間のお盆休みには辛抱が必要なようです。
しかし4日間も休暇が取れるのですから、ありがたいものだと思っておきましょう。今のうちにプランを立ててパーッとリフレッシュしておけば、連休明けのお仕事もきっとがんばることができますよ♪




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ!

PAGE TOP