日焼け止め 顔の化粧はみんなどうしてるの?正しい順番を知ろう

気温が高くなり、多くの人が夏の始まりを予感しているこの頃。まだ梅雨は明けていませんが、ときどき晴れた日には日差しの強さを感じますよね。

今の時期くらいから女性たちの間で話題になり始めるのが、「お化粧をするとき、日焼け止めはどのタイミングで顔に塗るの?」問題。メイクでばっちり顔を決めたとしても、この時期に日焼け対策をしっかりしておかないと将来的にはマズイです。梅雨が明けない今のうちに、この問題はパパッと解決しておきましょう!

日焼け止めを顔に塗るのは化粧下地をつける前

日焼け止めは直接肌につけられないと意味がありません。ですので、朝起きて洗顔をして化粧水をつけたら、もうそこで塗ってしまいましょう。他のファンデーションよりも先につけておくと、直接肌を守ってくれるので安心です。

また、今は日焼け止めの効果をあわせ持つファンデーションも多く出ていますが、それを使う場合は化粧水をつけた後で大丈夫です。あとは粉状の下地やチーク、アイカラーなどをいつもと同じように使用していきましょう。メイクの早い段階で日焼け対策をするので、「うっかり塗り忘れちゃった!」ということがないように気を付けてくださいね。




お化粧直しの時にも日焼け止めを塗ろう

しかし、日焼け止めの効果は2~3時間程度だと言われています。ということは、数時間おきに塗り直さなければならないということになりますね。おすすめなのはメイク直しと一緒につけなおすという方法ですが、ではどのようにしてつけていったらいいのでしょうか?

一番理想的なのは、一度すべて化粧を落として再び付けなおすという方法です。やはり日焼け止めは直接肌につけた方が効果的なので、ファンデーションも落としてからつけた方が良いのです。

しかしこれだとまたメイクをし直さなくてはなりませんから、けっこう大変です。「そんな時間なんて取れないよ!」という時には、スプレータイプのものを使用してみましょう。最近は化粧の上からスプレーできるものも増えてきましたし、それを使っておけばひとまず安心です。

夏の日差しは容赦ないですから、日焼け対策は入念に行っておきましょうね。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ!

PAGE TOP