オワハラの意味って?対処法も知って子供たちの就職活動のサポートを

今、大学生の間で「オワハラ」という言葉が話題になっています。実はこれ、実際に起こっているとってもコワ〜い嫌がらせなんです。今回はその意味と、それに負けない対処法について徹底的に解説していきますので、大学生のお子さんがいるママは知っておきましょうね。

オワハラは「就職活動終われハラスメント」という意味

オワハラは、現在の就職活動の現場で起こっている深刻なハラスメントを意味しています。どのような嫌がらせかというと、たとえば「今すぐに就職活動を終わらせないと内定をあげないぞ!」と言って無理矢理入社させようとするものや、内定辞退を申告すると「なんでうちの会社を辞退するんだ!」と怒鳴りつけるもの。

学生側にだって会社を選ぶ権利はありますし、ましてや就職活動は自分の人生において大きな選択をする場であるのに、一方的に企業側がこんなことをしてくるという現実があるのです。これに怯えてそこに入社することになってしまった人や内定辞退ができなかったという人も実際にいるようで、オワハラは学生の人生に多大な影響を与える重大な問題となっています。

そもそもこの問題がなぜ最近になって浮き彫りになって来たかというと、今年2015年になってから就職活動の時期がズレたからだと言われています。学生の本分である学業に専念させる意味で、政府側が企業側に新卒採用の時期を先送りにするよう要請を出したのですが、実際にそれに応じたのは大手企業くらいなようなのです。そのため中小企業は従来のタイミングで採用活動を始め、大手に優秀な人材を取られまいとしてオワハラが流行するようになってしまいました。




オワハラに負けないためにはどういう対処法をとればいいの?

特に女の子の中には、就職活動の停止を迫られたり内定辞退に対して怒鳴られたりしたら精神的に折れてしまうという人も多いでしょう。しかし就活は今後の人生を左右する一大イベントですから、こんなところで負けてしまってはいけません。

オワハラへの有効な対処法としてあげられるのは、とにかくきっぱりと断ること。そこが第一志望ならかまいませんが、そうでないなら、思い切って入社を断ってしまいましょう。

「そんなことをしたら後がないのでは…?」と思うかもしれませんが、このような会社に入って果たしてあなたは幸せになれるでしょうか? その答えはNOだと思います。それに、その会社で「優秀」「採用したい」と思われたのなら、他の会社からも高評価をもらえて採用もゲットできますから大丈夫ですよ。

このようなハラスメントに遭ったら、ぜひこのような対処法をとってください。普段はおしとやかな就活女子でも、いざとなったら自分の正直な気持ちをぶつけないといけませんよ。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ!

PAGE TOP