佐野ひなこのミサミサに「ブサイク・太った」との非難が集中!一体なぜ…

大人気漫画・『デスノート』が日本テレビ系列で実写版のドラマとして放送され、今様々な話題を呼んでいます。その中の一つにあげられているのが、「佐野ひなこのミサミサがひどすぎる……」という噂。

ネットでは「ブサイクだし演技が下手」「前よりも太った」など非難の声が上がっており、原作のファンやドラマのファンが不満を抱えているようなんです……。




佐野ひなこ演じるミサミサはデスノートのヒロイン的存在

そもそもミサミサという人物は、『デスノート』の主人公・夜神月の彼女でありモデルとしても活躍する超かわいい女の子。漫画で彼女に惚れこんだデスノートファンも多いですから、実写化するとなるとよほどかわいいキャストでないとファンは満足しないんです。

そんな中選ばれたのが、もともとグラビアアイドルとして活躍していた佐野ひなこさん。最近でもいくつかのドラマやバラエティ番組に出演し人気や知名度を獲得していた彼女でしたが、『デスノート』のヒロイン・ミサミサ役に抜擢された途端「ブサイク」「演技が下手」「太った」などのブーイングの嵐に襲われてしまいました。

漫画のヒロインが実写化されるとなると、それだけ視聴者や原作のファンからの期待が高まり、ハードルが上ってしまうのでしょうね……。




「ブサイク」「太った」と言われなかったミサミサもいる

しかしこの『デスノート』は大人気漫画であるため、もうすでに何度か実写化されています。たとえば2006年には実写版の映画の『デスノート』が公開されたのですが、そのときはネットで非難の声があがることはあまりなく、むしろ称賛の方が多かったのです。

ちなみにそのときにミサミサを演じていたのは、大人気女優の戸田恵梨香さん。彼女が演じるヒロインはとてもハマっていて、ネットでも「かわいすぎる」「ミサミサを演じられるのは戸田恵梨香しかいない」と大絶賛を受けていました。

その分、今回のドラマの佐野ひなこさんにも大きな期待が寄せられていたのだと思います。結果的には「ブサイク」「前よりも太った」などの非難の声が飛び、「戸田恵梨香と佐野ひなこを比べてみたら……」という落胆のコメントが出るようになってしまいましたが、ドラマはまだまだ続きますし、これからの彼女の演技にも期待していきたいですね。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ!

PAGE TOP