霊媒師ナナと川島なお美の関係…金棒治療はナナ氏の勧め?

女優の川島なお美さんの訃報について、霊媒師のナナさんが寄せたコメントが、ネット上で密かに話題となっています。二人は一体どんな関係だったのでしょうか?




霊媒師(Spiritual Navigator)ナナ氏とは?

霊媒師ナナさんとは、「地に足をつけた現実的スピリチュアル」をコンセプトに前世・守護霊視・浄霊・風水など行い開運サポートをされている方です。20年ほどこの道でやられているベテランの方ですね。

ナナさんは多くの芸能人やスポーツ選手を見てきている方で、川島なお美さんとも30年来の付き合いがありました。

そんな霊媒師ナナさんですが、今回の訃報について、

川島さんは約1年前、「外見的なことも気にしながら治療していきたいんです。ナナ先生、どうすればいい?」とたずねてきました

と語っており、「最後まで女優魂を貫いた方でした」と追悼したことが報じられています。

また自身のブログでも

なお美さんとは、鑑定も含めて交流させていただいていてある所の尊敬する先輩でもありました。(中略)私たちには、絶対真似できない 並外れた精神力と強固なるスタイルと女優魂・頭の良さは勿論の事、本当に女性として、素晴らしい手本としておりました。ただただ、尊敬は勿論の事、感服しております。

と綴っています。

しかし、そんなナナさんのことがニュースで報じられると、密かに注目を集めだしたのです。




川島なお美さんと金棒治療と霊媒師ナナ氏と…

川島なお美さんは生前、ガンの治療にあたっては、抗がん剤治療を拒んでいました。副作用で女優の仕事に支障が出るからというが理由だったのです。

そんな川島なお美さんは、2014年1月の手術後からは、都内にある民間療法の治療院に通っていたと言われていますが、しかし、この民間療法こそがネット上の噂になっているものだったのです。

関係者によれば、この民間療法は『ごしんじょう療法』と呼ばれるもので、純金製の棒で患部や体全体をさすったり、押さえたりするものだといことで、気の力で病気の根源となる邪気を取り除く治療法だということです。

抗がん剤を拒み、金の棒で患部をさすって治す。。。このなんとも一般的にはあまり知られていない治療法がネット上で「怪しい」といったイメージを植え付けてしまったのです。

そんな金の棒治療を進めたのが、今回の霊媒師ナナ氏ではないか?と一部の間で噂されているのです。その結果ネット上では様々な意見や憶測が飛び交っている状況です。

「金棒を勧めたのはこの人だろうな」

「純金の棒で身体をこするとか 効くわけねーじゃんと思うけど、 藁をも掴む心境だったのだろうか」

「ナナ先生ちょっと怪しい。もしかして金の棒も・・・」

「イメージだけで判断しちゃだめだけど、なんか胡散臭い」

「金棒買わされて邪気を振り払おうとするかな?」

「ほんとにそんな霊媒師にすがってたのかね? 」

「結局霊媒師も金棒も命は救えなかったんだろ 」

たしかに、霊媒師や金棒治療とか、普段聞きなれない言葉ですからね、「怪しい」と思う気持ちもわかります。ですが、霊媒師ナナ氏が金棒治療を勧めたというソースはありませんから、断定はできないでしょう。

そもそもスピリチャルってもの自体、男性にとっては疎遠なものですよね。一方、女子はスピリチャルが大好きですし、悩みごとがあれば、相談にいくこともあります。それが、不安な気持ちの解消とか心の安らぎとかになるんですよね。話を聞いてもらえるだけでも、楽になるものなんですよ。(笑)

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ!

PAGE TOP