力道山の息子は破産していた…百田光雄が40億円の遺産を0円にしてしまったのには間違った相続があった!

日本のプロレス界で大活躍を見せた力道山さんの息子さんは、百田光雄さんという方です。
彼もまたプロレスラーなのですが、なんと過去には破産の経験があることが判明しました。
40億円もの遺産が0円になってしまったとのことですが、なぜこのようなことになってしまったのでしょうか?




力道山の息子・百田光雄とはいったいどのような人物なのか?

ところで力道山の息子である百田光雄さんとはどのような方なのでしょうか?
彼は次男坊であり、自身も父とおなじプロレスラーとして活躍していました。

なんと森村学園の高等部を卒業後、すぐに日本プロレスに入門したんだそうです。
当初は「力道山ジュニア」として活躍した百田光雄さん。名だけではなく実力もあり、1989年には世界ジュニアヘビー級王者に輝きました。

子供の頃から才能を開花させてきた彼ですが、実は過去には父・力道山とボートで海に出かけた際、突然父にボートから突き落とされ、そのまま一人取り残されたということもあったようなんです。
その時はなんとかして海を泳いで岸まで帰ったんだそうですが、そんなに恐ろしい思いをしていたんですね……。
父親としてはおそらく息子を「試した」のかもしれませんが、それにしても、かなり厳しくて恐ろしい教育を受けていたようですね。

ちなみにプロレスラーとしての現役を終えてからは、兄である百田義浩と共にプロレスリング・ノアという団体の取締役として勤めていましたが、現在はすでに退職しているようです。




百田光雄が破産してしまった裏には間違った遺産相続があった!

さて、日本のプロレスの礎を作りあげた人間の息子であり輝かしい成績を収めてきた百田光雄さんが、どうして破産する羽目になってしまったのでしょうか?

彼が破産してしまった理由には、間違った遺産相続が背景にあったと言われています。
百田光雄さんの場合の遺産相続がどのように行われたのかは詳しくはわかりませんが、遺産相続のやり方で財産が減らされてしまうケースは非常に多いようです。

たとえば、相続が行われた際に銀行や保険会社・不動産会社などから「今のままだと莫大な相続税を払うことになります」という通達がきます。
そして、各会社なりの税金対策を提示し、相続人へとそれが提案されるのです。

その対策の中にはマンションを建てる、ビルを購入するなどといったものがあり、知識が乏しい相続者はその提案に従い、そして結果的に遺産を損してしまうのだそうです。

このような問題は特に5億円以上の相続の時にに多いようなのですが、力道山の息子である百田光雄さんは、なんと40億円もの遺産を手にしたと言われています。
しかしその後彼は破産し、それが今では0円になっているとのことなので、おそらくこのような間違った相続が背景にあるのではないかと思われます。

超有名なプロレスラーの子供でも、このような問題は付きまとうものなのですね……。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ!

PAGE TOP