龍角散のど飴の食べ過ぎには注意!副作用には腹痛や吐き気も…

風邪を引きやすい季節ということで、多くの人が対策などしていそうですね。私は喉が痛くなることが結構あるので、龍角散のど飴がお気に入りです。よくコンビニに売っているし結構売れているイメージがあります。なので、私以外にも愛用している人は多いのではないでしょうか?ただ、食べ過ぎには気をつけなければいけません。なんと、副作用が・・・。




龍角散のど飴に副作用!?食べ過ぎ注意

私が職場で喉が痛くて辛い時に、先輩から龍角散のど飴のことを教えてもらい試しに購入した事がはまるきっかけでした。完全に喉の痛みが治るわけではないが、緩和したこともあった為、喉が痛くなった時は龍角散のど飴が手放せなくなりました。

私と同じような人は多いようで、毎日常に食べている人もいるほどの大人気。しかし、食べ過ぎには注意して下さいとネット上の声がありました。飴なのでいくら食べても良いのでは?と思いがちですが、副作用があるとのユーザーの声がありました。なので、食べ過ぎは危険なのです。

私の場合は喉が痛い時にしか食べないので副作用など感じたことはありません。しかし、何でもない時でも毎日常に食べている人だと何らかの症状があるとのこと。

・腹痛
・吐き気
・口の中が変になる

こういった症状が出たとのユーザーの声がありました。というのも、龍角散のど飴はただの飴ではなく、ハーブが19種類配合されていて龍角散という生薬もしっかり配合されているのです。その為、お菓子感覚で食べるのはNG。体調を崩す原因になってしまいます。

龍角散株式会社のHPの質問コーナーを見てみると、「1日に何粒食べてもいいのでしょうか?」という質問がありました。そしてその回答は「キャンディは嗜好品であり、1日に何粒までという制限はありません。お好みに合わせてお召し上がりください。ただ、糖分やカロリーもありますので、食べ過ぎにはご注意下さい。」とのことでした。

体調が悪くなるとか制限があるという書き方はしてないですね。糖分やカロリーは気にして下さいとの内容でした。とはいうものの、実際に体調が悪くなってしまったユーザーもいるので、ほどほどに食べることをおススメしたいです。




龍角散のど飴以外に喉が痛い時の対処方法

喉が痛い時は龍角散のど飴を舐める以外にも実践していることがあります。それはイソジンです。うがい薬ですね。有名なので多くの人がやっているのではないでしょうか?イソジンは予防としても効果があるので、日頃からやっておくのもおススメです。

龍角散のど飴を舐め、イソジンをやる。そして風邪の時には栄養ドリンクのレモン系の物を飲んだりします。これも先輩に教わった豆知識で、ビタミンCを取るとよいとのこと。試しに飲んでみたら良かった気がしました。最悪、どうしようもない状態ならば病院で薬を貰います。

私の場合はかかりつけの近所の小さな病院に行きます。大きな病院に行くと何時間も待たされるし、辛いですよね。しかも、かかりつけの病院の薬は私には凄く良く効いて、その病院の薬は手放せなくなりました。大きい病院だから良いと言うわけではなく、自分に合った薬を見つけることも大事だなと実感しました。

近所で行くのも便利だし、混んでいないし、わざわざ大きい病院へ行くことがなくなりました。あなたの周りにもよさそうな病院があるのならばチェックしておいてもいいかもしれませんね。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ!

PAGE TOP