下町ロケットのキャストに仮面ライダーが3人もいる?!この2つの作品の意外な共通点とは?

10月18日に、池井戸潤原作のドラマ『下町ロケット』が放送されます。

そこで話題になっているのが、キャストの中に仮面ライダーがなんと3人もいるということです!
これはいったいどういうことなのでしょうか?




「仮面ライダーが3人もいる」という真相

仮面ライダーと言えば、もう何十年も愛されてきたキャラクターで、男の子や特撮モノが好きな方にとっては永遠のヒーローとなっていますよね!
そんなライダーが下町ロケットに出演しているなんて本当なのでしょうか?

ここで、ドラマのキャストを見ていきましょう。
主演の阿部寛さんのほかに、竹内涼真さん、佐藤岳さん、吉川晃司さんなどが出演します。

……仮面ライダーファンの方なら、もうここでピンと来てますよね?
そう、竹内涼真さんはドライブ、佐藤岳さんは鎧武、吉川晃司さんはスカルなんです!

一つのドラマにライダーが3人も集結するなんてかなりおもしろいですよね。
特撮好きの方も、これでドラマ下町ロケットから目が離せなくなったのではないでしょうか。




下町ロケットのキャストとしてはどういうキャラクターを演じるの?

では、この下町ロケットの中では、このライダーたちはどんな人物になっているのでしょうか?

そもそもあらすじとしては、阿部寛さん演じる佃航平が運営する佃製作所が経営危機に立たされ、その周りの企業たちがそれぞれの思惑を持って佃に様々な要求をするも、製作所チームがそれらをなんとか逃れて栄光を掴もうとしていくというものです。

その中で、まず吉川晃司さんは、帝国重工の宇宙航空部部長という立場で、佃製作所を子会社にして技術の特許を奪おうとする役を演じています。
ライダーとは違い、悪役になっている、というところでしょうか。

それに対して竹内涼真さんと佐藤岳さんは、佃製作所の社員として働く若者を演じます。
経営危機に陥りながらも、佃航平を信じて共に夢を掴もうとする役柄になっているようです。

仮面ライダーという視点だけで下町ロケットを見ていきましたが、その他にも佃の別れた妻役に真矢みきさん、佃の一人娘に土屋太鳳さん、佃を支える弁護人に恵俊彰さん、佃製作所への融資を止めようとする白水銀行の支店長に東国原英夫さんなどといった豪華なキャストが揃っています。

仮面ライダーが好きだという方はもちろん、原作を読んだことがあるという方でも、「この役にこの人が出るの?!」と驚いてしまうようなキャスト陣になっているので、ぜひドラマを見てみてはいかがでしょうか?




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ!

  1. 新生児服
  2. 5520d8e9118d7c2c980737c097dcf0d0_s
  3. xyz1g5kmzrk4zya
  4. スクリーンショット 2016-03-28 18.25.32
  5. 59abac023a069e5cd55a977efa3d3dbe
  6. 7c5eb39cd6d98edb272321a380b1877d-e1443418926206
  7. スクリーンショット 2016-03-07 16.09.57
  8. -shared-img-thumb-JUN160103117681_TP_V
  9. -shared-img-thumb-CRI_IMG_6001_TP_V
  10. -shared-img-thumb-150711419006_TP_V
PAGE TOP