台湾地震により日本の支援や救助隊の力を届けたいとの声が爆発しているらしい

2016年2月6日の日本時間で午前4時57分ごろに台湾にて地震が発生しました。地震の内容や画像はすぐさまネット上やツイッターなどで拡散され、多くの人が心配の声を漏らしています。そして、救助隊には頑張ってほしいとか日本の支援を台湾に!!といった声が相次いでいます。




台湾地震を救助隊に任せるだけでなく日本の支援も

日本国民は今回の台湾地震の被害に遭った人々をなんとか助けたいと願っています。ツイッターなどでは多くの人が救助隊に頑張ってほしいとか日本の支援を送ろうとの声が数多く見られました。なぜそこまでして沢山の声が集まったのでしょうか?それは過去に台湾が日本を助けてくれたからです。

日本では過去に東日本大地震という大地震が発生しました。その時にいち早く救助に駆けつけてくれたのが台湾でした。支援金の面でもかなり助けてくれて日本の大きな力になってくれた国です。その為、今度は私達日本が助ける番だと、多くの人が声をあげています。

・台湾で大きな地震、被害が拡大中。日本の支援を必要としているはずだから助けよう
・過去に台湾の皆様には助けてもらったから今度は私達が助ける番
・台湾が日本に支援してくれたことがあるから今度は私達が支援をしようよ
・311で世界で一番早く応援に来てくれて義援金を沢山送ってくれた台湾を救うのは当たり前
・多くの人が心を痛めているから支えになりたい
・どうか皆さんが無事でありますように。救助隊の活躍を祈りたい
・政府はこういう時にこそ税金をバラまこう

このように多くの人が台湾に対して助けたいという気持ちを持っています。日本からも救助隊を送り、大変だと思うけど頑張って多くの人を助けてあげてほしい。日本からの支援金も早く届けてあげたい。こういった暖かい思いが多くの日本人にあるということを誇りに思いますよね。

私達が身近に出来ることと言えば一番に思いつくのが募金。様々な所で募金活動は開始されると思うし、1人でも多くの人が募金をしてくれると嬉しく思います。ただ、こういった状況下の中、募金詐欺なども出てくるので十分に注意して下さい。しっかりと台湾への募金をしてくれる所で募金をするように・・・。




台湾地震から学ぶ日本の現状

今回、台湾での大地震により今一度地震の怖さを認識できたのではないでしょうか?普段、何事もなく平和に暮らせているかと思います。それが当たり前になっていますが、日本でもいつ地震が発生するかわかりません。その為、日頃から対策しておくことは非常に重要なのです。

食料の確保や家具の安全な設置。こういった対策をつい怠りがちですが今一度見直してみましょう。日本での大地震は明日かもしれないし、もしかしたら今日かもしれません。常にこういった危険だという考えも頭の片隅に入れておいて、身の安全を守れるようにしておきたいですね。

今後は少しでも地震についての知識を得ると共に、地震が発生した時のスムーズな対応が出来る環境づくり。そういった点に注意していきたいと思います。

台湾の人々の安全を心からお祈りしたいと思います。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ!

PAGE TOP