高城亜樹は干されていた!肌荒れがひどかった時期もあり精神的に不安定だった様子……

AKB48の高城亜樹さんが女優になりたいという思いを告白し、卒業を発表しましたね。
彼女は実は過去に干され騒動や肌荒れのひどさで、ファンから心配の声が集まっていた人物でした。
そんな高城さんに、今回は迫ってみます。




高城亜樹の肌荒れがひどかった!2012年のAKBINGOがやばい?

高城亜樹さんがAKB48に入ったのは2008年のとき。第三回研究生オーディションに合格し、当時はこじはること小嶋陽菜さんのアンダーについていました。
そしてその後、当時の研究生の中では最速で昇格し、旧チームAへ入ります。

優等生だった高城亜樹さんでしたが、2012年頃になると、徐々に体に変化が現れるようになってきました。
それは、ひどい肌荒れ。

2012年頃の「AKBINGO」というAKB48のテレビ番組を観ていた視聴者から、「あきちゃ(高城さん)の肌荒れがひどい……どうしてこうなったの……?」という声が上がり始めたんです。

その映像を確認して彼女の肌を見てみると、確かに頬のあたりにニキビのようなぶつぶつがたくさんできていました。
ちなみに彼女は当時20歳で、まだまだホルモンなどの影響で肌荒れが怒ってしまっているのではないかという意見もあります。

しかし個人的には、ホルモンの影響だけではここまでひどくならないのでは……と思います。
おそらく寝不足やストレス、濃いメイクを常に強いられていることなどから発生してしまったのではないでしょうか。
2015年現在はだいぶ良くなっているとのことですので、よかったですね。




高城亜樹は過去に干されていた?!留学させられた先でレギュラー降板との噂!

また、高城亜樹さんを襲っていたのは肌荒れだけではありませんでした。
どうやら彼女、グループ内で干されていたらしいんです。

というのも、まず彼女は選抜選挙で上位に君臨していた存在でした。しかしその後海外の姉妹グループJKT48に派遣され、その人気上位という枠を強制的に空けられてしまいます。

しかし、そのJKT48でも彼女は干されてしまいます。なんと、レギュラー枠から外されてしまうのです。

そもそもJKT48というのは、インドネシアと日本のアイドルを集めたグループのこと。
高城亜樹さんはここに日本のメンバーとして参加していましたが、このグループがAKB48 の曲「真夏のSound Good」を歌うとなったとき、彼女はなぜか選抜メンバーから外されてしまったのです。
その理由は正式には発表されていませんが、もしかしたら当時男性との熱愛が発覚してしまったからではないかと言われています。

さらにまだ悲劇は続いています。なんと日本に帰ってきても、人気投票のトップ枠から外れ、メンバーに選ばれなかったのです。
いったい何がいけないのかはわかりませんが、ここまでとことん干されていたんですね。

今回卒業となってしまいますが、今後はいったいどうなってしまうのでしょうか。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ!

PAGE TOP