端午の節句の由来と意味を子供向けにわかりやすく伝えるには?

2-252_501

5月5日はこどもの日。別の言い方で「端午の節句」ということもあります。

ではこの「端午の節句」という言葉の由来や意味を知っていますか?また子供にその意味を聞かれたらどのように答えますか?今日は、端午の節句という言葉の由来や意味について解説したあと、それを子供向けにわかりすやく伝える方法をお教えします。




端午の節句ってどういう意味?その由来は?

まずは端午の節句の由来と意味について、大人向けの正しい説明です。

端午の「端」は「最初の」という意味です。「発端」などの熟語でもこの意味で使われまていますね。次に「午」は、十二支の午(ウマ)のことです。子・丑・寅・卯・辰・巳・午という順番ですから、7番目の干支ですね。昔は十二支を使って日付を数えていたので、12日に1度のペースで午の日がありました。よって各月に午の日は2〜3回あったことになります。

「端」が最初の意味ですから、「端午」はもともと各月の最初の午の日という意味でした。しかし午の音読みが「ゴ」であることから、次第に5日のことを指すようになり、端午は各月の5日を指す言葉として用いられるようになりました。

続いて「節句」について説明します。節句というのは季節の節目となる日のことを言います。昔の日本ではこの節目の日に様々な行事が行われていました。

季節の節目となる日はたくさんありますが、江戸幕府はこれから重要なものを5つ選び祝日としました。人日の節句(1月7日)、上巳の節句(3月3日)、端午の節句(5月5日)、七夕の節句(7月7日)、重陽の節句(9月9日)です。さきほど見た通り端午の日は毎月ありますが、そのうち5が重なる5月5日が縁起が良い日として節句に選ばれたわけです。

以上が端午の節句の由来です。




端午の節句の由来を子供向けに説明するには

では、端午の節句の由来について子供に聞かれたらどのように答えればいいでしょうか。

まず、「端午」の由来についての詳しい説明は不要です。子供向けには「毎月5日のことを昔の呼び方で端午って言ったんだよ」と伝えてはどうでしょうか。それ以上子供が知りたいようであれば、さきほどの説明をしてあげたらいいと思います。

次に節句については「季節の移り変わりを祝うおめでたい日」であることを説明しましょう。節句は年に5回ありますから、他にも応用が効きますので。「お節(おせち)料理」もこの節句を祝う料理であったことなども伝えると身近に感じられるでしょう。

端午と節句を説明した上で、「12個ある端午の中でも、数字がそろって縁起のいい5月5日が節句として選ばれた」と伝えればきっと子供でも理解ができると思います。

むしろ子供が疑問を抱くのは、なぜ端午の節句が男の子のお祝いなのか、ということではないでしょうか。これについては「端午の節句」を季節柄「菖蒲の節句」とも呼ぶところに関係があります。

菖蒲の葉っぱの形って剣に似てますよね?また「尚武(=武道を重んじること)」という言葉も連想されるため、日本では次第にこの日を男の子の健康や成長を祈る日とするようになりました。

子供向けには「端午の節句は中国の呼び方で、日本では菖蒲の節句と呼んでいたこと」を説明し、菖蒲の葉の形を見せて剣に似てるからと言えばわかりやすいと思います。

以上、大人でも正しく理解するのが難しい「端午の節句」の由来を子供向けに説明する方法をお伝えしました。これを参考に、子供の年齢や興味に合わせて説明を工夫してみて下さい。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ!

  1. 新生児服
  2. 5520d8e9118d7c2c980737c097dcf0d0_s
  3. xyz1g5kmzrk4zya
  4. スクリーンショット 2016-03-28 18.25.32
  5. 59abac023a069e5cd55a977efa3d3dbe
  6. 7c5eb39cd6d98edb272321a380b1877d-e1443418926206
  7. スクリーンショット 2016-03-07 16.09.57
  8. -shared-img-thumb-JUN160103117681_TP_V
  9. -shared-img-thumb-CRI_IMG_6001_TP_V
  10. -shared-img-thumb-150711419006_TP_V
PAGE TOP