親指、薬指、人差し指の爪がボコボコ!これって病気?原因と治し方を教えます!

nails--z

ふと、自分の爪を見た時、親指、薬指、人差し指の爪がボコボコしていて、気になったことはないですか?これに関しては、爪が変形しているだけという訳ではなく身体の変化が爪に表れているといった場合も考えられますし病気のサインという場合もあります。なので、たかが爪と放置していないで、最適な処置を取れるように爪がボコボコなる要因と改善方法をまとめてみました。




親指、薬指、人差し指がデコボコになってしまう原因について

親指、薬指、人差し指などの爪にボコボコが出来てしまう場合は、その部分を形成したタイミングで体になんらかの異変が起こったサインだったりします。例えば、身体の不調・栄養が足りない状況・仕事でのプレッシャー・過労・睡眠不足などが原因で、親指、薬指、人差し指にボコボコが現れたりするのです。

一方で両手の爪が全てボコボコしているとすれば、一時的な身体の不具合などではなく、継続的な疾患を抱えている可能性があります。

爪がデコボコになった時は、それが縦にデコボコしているか横にデコボコしているかをチェックしましょう。チェックして縦のボコボコであれば、おそらく加齢が理由のため問題ありません。

しかし、親指、薬指、人差し指の爪など爪全体に横のボコボコがある場合は、病気を抱えている可能性が考えられますので、その時は、放置してしまうと大変なことに発展するケースもあります。場合によっては医療施設で相談し早々に治療した方が良いでしょう。横のボコボコには注意が必要だと言えますね。




爪が縦にボコボコなっている場合の治し方

20歳前後の年齢で、親指、薬指、人差し指の爪に縦に筋が入ってボコボコになることがありますが、この場合は爪に栄養が足りない可能性があるので、ビタミンCや亜鉛などを含む食品をしっかりと摂取すること心がけましょう。

年齢が30歳以上の人で、親指、薬指、人差し指などの爪全体に縦に筋が入ってしまうのは、加齢による理由がおおきく、よくあることですので悩む必要はありません。

気になる場合は爪を保湿すると良いと思います。爪や爪の間に保湿クリームを塗り、手袋や靴下をはいて就寝すると効果的です。その場合、血行不良が起きないよう、手袋や靴下は締め付けないものを使うように気をつけましょう。

爪が横にボコボコなっている場合の治し方

爪の全部に横のボコボコがあるのであれば重圧感・全身疾患・皮膚疾患といった要因が考えられます。

ストレスのかかる毎日を送っているのであればストレスを取り除くように気をつけましょう。ストレスを取り除けない状態や取り除いても症状が改善しないのであれば、全身疾患または皮膚疾患が疑われますことから、医療施設で相談し、早々に治療した方が良いかもしれません。

爪は元々、ボコボコせず、つるんと滑らかな状態が理想です。そもそも、爪は皮膚の一部分となっており、その他の肌と同じように、

身体の状態を色やとか形で示してくれます。たかだか爪の変化と思わず、気になる場合は速やかに医療機関で診てもらうことをオススメします。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ!

  1. 新生児服
  2. 5520d8e9118d7c2c980737c097dcf0d0_s
  3. xyz1g5kmzrk4zya
  4. スクリーンショット 2016-03-28 18.25.32
  5. 59abac023a069e5cd55a977efa3d3dbe
  6. 7c5eb39cd6d98edb272321a380b1877d-e1443418926206
  7. スクリーンショット 2016-03-07 16.09.57
  8. -shared-img-thumb-JUN160103117681_TP_V
  9. -shared-img-thumb-CRI_IMG_6001_TP_V
  10. -shared-img-thumb-150711419006_TP_V
PAGE TOP