山内惠介、紅白2015に初出場!おねえではない実力派の歌手に迫る!

毎年年末の大イベントの一つとなっている、NHKの紅白歌合戦。
2015年の出演者たちが発表されましたが、その中でも一際注目を集めているのが山内惠介さんという方です。
彼はいったいどんな人物なのでしょうか?




山内惠介は15年目にして2015年の紅白に出られたイケメン演歌歌手!

山内惠介さんは1983年生まれで、今年2015年で32歳になります。
幼い頃から美空ひばりさんなどの歌手を敬愛し、自身も歌手になりたいと思い、高校時代に地元福岡県のカラオケ大会に出場します。

そこでなんと、氷川きよしさんを育て上げた水森英夫さんという作曲家の方の目に留まり、スカウトを受けます。
そのスカウトを承諾し、それからは1年間月1で 東京のレッスンに通うことになります。
高校生の頃から実力を持った、超エリート演歌歌手だったんですね。

そして2000年、超有名レコード会社であるビクターの試験を受け合格し、デビューが決まります。
それ以降は甘いルックスも生かされ、イケメン演歌歌手トリオ「イケメン3」として活躍し始めます。
自身の写真を打ち出したグッズの販売や映画の出演も行ったことがあるそうですよ。

しかし、デビューまでとんとん拍子で来たように思える山内惠介さんにも、一つの悩みがありました。
それが、何年経っても紅白にも呼ばれない、ということだったんです。

現場では人気があるけど紅白の枠はやはり厳しい……そんなことをずっと思っていたようです。
……が、デビューから15年経った今年2015年でようやくそのチャンスが舞い込んできたようでよかったですね。




山内惠介はおねえ演歌歌手として話題に?その理由は?

山内惠介さんは、15年という時間を経て2015年の紅白への出演が決まったことだけではなく、「おねえ演歌歌手」としても今話題にあがっています。

いったい彼のどこがおねえなのかというと、「美しさを追求しているところ」というところだったようです。
山内さんは男としての美学を追求していて、紳士になるために日々努力されているようなんですね。

おねえ、と聴くとなんだか男性好きの方をイメージしてしまいますが、そこは違うので誤解しないでくださいね!
おそらく山内さんは綺麗めなイケメンですし、まるで女性のような表情の柔らかさも持っているので、そのような噂が飛び交ってしまったんでしょう。

また、実は彼は先輩である氷川きよしさんとの差をつけるために、個性的なキャラを身に着けようとしているという話もあります。
それはおねえキャラではないと思われますが、いかんせん氷川さんとはまた違った魅力を発揮してくれそうですね。
2015年の紅白で山内惠介さんがどんな歌声を聴かせてくれるのか……今から楽しみです!




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ!

PAGE TOP